「きれいのくに」第6話の感想

「きれいのくに」というタイトルの意味がようやく明かされました。

冒頭に登場していた人たちが、「プレーン」と呼ばれる人々の役者として登場するのも面白い演出だなと感じました。

もどかしいなぁと思うのは、誠也と凛の関係です。

お互いに思い合っているのにうまくいかなくて見ていてつらくなります。

また、れいらと関係を持ってきまったことで悶々とする誠也の気持ちもわかり、れいらの奔放さに嫌になりました。

誠也に対して素直になれない凛がついに「パパ活」してしまうところは切なかったです。

そこで「プレーン」の人たちと人間関係が生まれて、これからどうなるのか気になります。

それぞれの登場人物が闇を抱えているのがこのドラマの面白いところだなと感じます。

おすすめの記事