「レンアイ漫画家」第6話の感想

刈部のもとにレンの母親である美波が近づいてくる今回は、刈部のレンに対する情愛が垣間見えて優しい気持ちになりました。

美波がなぜ純からレンに会わないでほしいと言われているのかはまだわかりませんでした。

美波の本性は謎のままで、極度のかまってちゃんであるという可憐の分析が正しいのであれば、危険だなと思いました。

美波にいくら話をされてもなびかなかった刈部はすごいなと思いました。

刈部と純と美波の関係性がよくわかりましたが、純が美波を恨んでいるような理由だけは今後明かされるのかなと感じました。

ラストであいこが刈部に告白しているのが驚きました。

おすすめの記事