「恋はDeepに」第6話の感想

倫太郎と海音が心を通わせる回で、見ていてむず痒くなるくらい2人がラブラブになるところが描かれていました。

しかし、刻一刻と2人の別れが近づいていることも事実なので切ない気持ちにもなりました。

また、榮太郎が何かインサイダーのようなことをしているのも気になるところです。

おそらく、光太郎と倫太郎の仲違いを止めたいと言う気持ちがあるのかもしれません。

仲違いの原因がリゾートづくりのせいだと考えているのかなと思いました。

倫太郎は今後どのようになっていくのだろうと心配になってしまいました。

このまま海音のことを好きなままで大丈夫なのだろうか?と思うと不安です。

また、海音が、最後のところて魚たちの声が聞こえなくなっていました。

これはもしかすると、人に近づいていると言うことなのだろうか?とも思いました。

おすすめの記事