「大豆田とわこと3人の元夫」第6話の感想

とわ子がかごめを亡くして、悲しい想いをしていることが、あまり表立って描かれないことで逆に悲しみが増大している気がしました。

また、慎森が、らしくもなくとわ子に想いを打ち明けるシーンも象徴的だなと感じました。

これまでと異なる慎森を描くことで明らかに年月が経過して、微妙に登場人物たちが動いているのだということが分かるようにしているのかなと思いました。

しかし、なんといっても、小鳥遊の登場が今回のストーリーの肝だなと思います。

優しい人なのかな?と思ったのに、実際はとわ子の会社を買収しようとしていますし、仕事とプライベートを病的に分けているところも不気味なキャラクターです。

小鳥遊がとわ子たちにとってのラスボスとして立ちはだかるのだなと思いました。

すぐ負けるとわ子ではないので、どんなふうに彼に挑んでいくのか、ワクワクします。

おすすめの記事