「桜の塔」第3話の感想

自分の出世のためなら、どんな手段も厭わない上條でしたが、今回は人間味のある上條を見ることができるストーリーになっていました。

同期の馳の上司が経理の計上を詐称することに、馳が片棒を担いでしまい、自殺を考えてしまうところが特にそうでした。

上條が馳を説得する電話のシーンがあるのですが、そのシーンにとても感動しました。

誰より先に同期である馳のピンチに駆けつける仲間思いな上條の姿を垣間見ることができました。

また、そのことについて、千堂に初めて歯向かうところも上昇志向の上條らしくなくて、心が熱くなりました。

仲間のためにした行動だったためです。

千堂の娘である優愛に対しても、爽とは違う態度になっている上條の姿が印象的でした。

上條をダークヒーローとして描いていくものと思っていましたが、これからは人間味のある血の通った上條を見ていけるのかなと思う3話となりました。

おすすめの記事