「大豆田とわ子と3人の元夫」第4話の感想

八作のモテっぷりがとにかくすごい第4話でした。

ただすれ違っただけでモテてしまうなんてすごいですが、たしかにあまり歓迎しない恋も舞い込んでしまうので、それは困るかもしれないとも思いました。

早良のアプローチがあまりに強すぎて見ていて、本当に八作のことが好きなんだなと感じました。

普通「私のことタイプなんでしょ?」とか言えないと思います。

一方で、かごめのバックボーンがわかる回にもなっていました。

かごめはきっとある意味、少し障害があって、かごめは自身でそのことにも気付いているのだろうと思いました。

だから、とわ子との漫画家ユニットの「空野みじんこ」を復活させる時に、とわ子をもう一度誘うことはなかったのだなと感じました。

また、小さい頃のように喧嘩になって、とわ子との関係が終わってしまうことをかごめは恐れていたのだろうなと感じました。

横断歩道がないところで道路を渡ることができないかごめの手を、とわ子が引っ張るところが素敵でした。

 

おすすめの記事