「桜の塔」第5話の感想

上條の父親が千堂の手によって死に追いやられたということを知る、という衝撃的な事実があり、悲しくなるところからスタートしました。

さらに今回、千堂が自分の娘であり、上條の婚約者である優愛が起こした事件を揉み消しているということも明らかとなり、ますます千堂が経歴的に真っ黒い人物であることがわかり、上條が感じたように私も憤りを感じました。

それと同時に、権力がある人は何をしてもそれが正しくなるのだという現実につらくなりました。

上條は、一瞬、前回のところで人間味がある人になったかと思いましたが、この現実によって、ますます出世に対する執着が生まれ、冷徹な人になるのかなと思いました。

ラストの優愛を抱きしめるところと結婚式のシーンの表情から、上條の覚悟が伝わりました。

おすすめの記事