「レンアイ漫画家」第6話の感想

刈部とあいこはお互いにキュンとしているのに、なかなかお互いに素直になることができず、モヤモヤしました。

由奈の体調が悪くなって、あいこが二階堂のカフェで働くことになるシーンが特にコミカルで面白かったです。

早瀬さんも含めて、可憐も来てしまって、あいこ関連の人物が大集合でした。

可憐が刈部まりあの正体を突き止めたすぎて、レンを出汁にして刈部邸に侵入するところは、ひやひやしました。

この件については、レンも約束を守ることができていないので、レンも悪かったかなと思いました。

出て行け、と刈部から言われても仕方ないかなぁと感じました。

また、二階堂が気持ちを抑えられずあいことキスしてしまうラストシーンに驚きました。

おすすめの記事